沖縄本島、宮古島、与論島、沖永良部島のリゾート物件やおいしい食べ物、島の情報をご紹介

癒しで人生が変わるアザミリゾート

沖縄や離島でワーケーションにかかるコスト概算

リモートワークが急速に普及している昨今、ワーケーションという働き方が登場しました。

ワーケーションとは、旅行気分を味わいながら働くことができる、新しい働き方です。

では、実際にワーケーションを始める際は、どのぐらいのコストがかかるのでしょうか?

そこで、今回はワーケーションにかかるコストについて、ご紹介させて頂きます。

ワーケーションってどんなもの?

ワーケーションとは、ワークとバケーションを組み合わせた言葉で、観光地に居ながら仕事ができるという新しい働き方です。

仕事の空き時間に観光地に行ったり、露天風呂で疲れを癒したりすることができます。

他にも、有名なグルメも満喫できるため、日々楽しみながら仕事をすることができるでしょう。

このように、ワーケーションでは自宅やオフィスで実現できないことを、実現可能です。

旅行をしながら仕事ができるという働き方は、リモートワークが普及している現代ならではの新しい働き方といえるでしょう。

ワーケーションにかかるコストはどれくらい?

ワーケーションは、観光地に滞在しながら仕事ができるという魅力的な働き方ですが、どのぐらいのコストがかかるのでしょうか?

ここでは、沖縄や離島でのワーケーションにかかるコストを簡単にご紹介させて頂きます。

宿泊代は、1日当たりおよそ5,000円とした場合、1ヵ月で150,000円になります。

これに加えて、食事代が必要です。

朝食と昼食にそれぞれ1,000円、夕食に2,000円とした場合、1日当たり4,000円で1ヵ月120,000円です。

また、交通費や観光地を楽しむための雑費も、計算に含めておきましょう。

交通費は、現地でのレンタカー代を含めておよそ100,000円、雑費はおよそ70,000円と仮定します。

これらを全て計算すると、1ヵ月あたり440,000円になります。

仕事をしながら観光地で1ヵ月間滞在したいという方は、ぜひ参考にしてください。

沖縄や離島で安く快適に滞在できるオススメの宿

ここでは、沖縄や離島で安く快適に滞在できるオススメの宿をご紹介させて頂きます。

ワーケーションを行う際は、宿泊費用を抑えることができれば、コストを抑えることが可能です。

そこで、今回はアザミリゾートをオススメします。

様々な施設を運営しているアザミリゾートでは、沖縄本島だけでなくその周辺に位置する、宮古島や与論島にも宿泊施設があります。

それぞれの宿には、Wi-Fiが完備されているため、ワーケーションに適した環境といえるでしょう。

さらに、立地も良好なので、市街地にアクセスしやすいという魅力もあります。

例えば、宮古島にあるAZAMI7宮古島では、1ヵ月の滞在で1日当たりの宿泊費を4,000円以下に抑えることが可能です。

沖縄や離島でのワーケーションは、ぜひアザミリゾートを検討されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、沖縄や離島でワーケーションにかかるコストについて、ご紹介させて頂きました。

ワーケーションを行う際は、できるだけ費用を抑えたいという方が多くいらっしゃいます。

ワーケーションには、宿泊だけでなく観光地を楽しむための雑費も必要になるため、快適に過ごせる環境が整った、格安な宿泊施設を探すことがポイントです。

快適な宿泊施設をお探しの際は、コスパ最高のワーケーションが可能な、アザミリゾートをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする